【お盆休み真っ只中】イライラする渋滞の謎【状況・発生源・ピンチ】

  • 読者
  • ついにお盆休みが始まった!昨日は東京駅や羽田空港は空いてるのに、道路だけは帰省自粛にもかかわらず、相変わらずの渋滞。みんなよくがマンしてるね。
こういった方にオススメの
本記事では下記をまとめました。
テーマ
【お盆休み真っ只中】イライラする渋滞の謎【状況・発生源・ピンチ】
運転している人も大変だし、乗ってる方もストレスMAXだよね。

渋滞の状況【発生場所は同じ】

毎年お盆や年末年始は渋滞予測が出されますが、今年は帰省の状況が予測できない為
出されていません。昨日13日は例年ならピークとなり、何十キロという渋滞が発生している日
なのですが、例年ほどではありませんでした。
ニュースを見て、いつも渋滞している場所が同じだと気づいていましたか?
なぜいつも渋滞するのでしょう?
ポイントは2つ。トンネルとサービスエリアです!
●トンネル:山間部にある為、前後は起伏が激しいので速度が低下し渋滞発生。
●サービスエリア:SA・PAに入る車が多く減速するため渋滞発生。

渋滞が起こる原因【誰でも原因になり得る】

渋滞の種類は大きく2つ、自然渋滞と事故渋滞です。
【自然渋滞】
先程も触れました、トンネル・サービスエリア・ICでの合流・料金所は納得です。
でも最大の発生場所は、上り坂とそれに差しかかる部分で約62%を占めています。
坂を上ろうとするときに一部のドライバーが知らず知らずのうちにブレーキをかけています。
すると手前の車との車間距離が縮むことで後続車もブレーキを踏み、それが連鎖的に続いて渋滞が発生してしまうのです。
【事故渋滞】
事故が前方で起きてしまったら、とにかく時間がかかる。情報をしっかり集めて対策を練りましょう。
事故車両が路肩にある場合は自然渋滞と同じように流れますが、本線にある場合は
早めに合流しなければならない為、事故車がある車線が早く流れます!

渋滞でピンチにならないように【トイレが大問題!】

渋滞で身動き取れないのに、ジワジワ襲ってくる尿意・・・どうすればいい?
💧対処商品を常備しておく
携帯用トイレや大人用おむつ、男性ならペットボトルなどで凌ぐ。恥ずかしいなんて
言っていられません。漏らすよりいいのでは?
💧尿意をおさえておく
カフェインには利尿作用があるため、コーヒーや紅茶、緑茶などカフェインが多いものを避ける。
💧車内を冷やさない
寒さを感じると、膀胱の筋肉が縮んで尿意を強くしてしまう。
💧尿道括約筋
普段から尿道周りの筋肉を鍛えておくと、いざという時かなり溜め込めます。

まとめ

トイレを限界まで我慢してやっとたどり着いたサービスエリアで、
トイレの外まで連なる行列を見た時の絶望感たらなかったね😭
だれか助けてくれ〜🆘

この記事を書いた人