【実は興味津々】サウナ初心者でも安心【種類・効果・入り方】

  • 読者
  • 友達にも会社の仲間にもサウナ愛好者は多い。仕事の疲れや日頃のストレスをサウナで発散してるらしい。あんなに暑い部屋でじっとしているなんて、何がいいのかわからないな・・・
こういった方にオススメの
本記事では下記をまとめました。
テーマ
【実は興味津々】サウナ初心者でも安心【種類・効果・入り方】
実際のところ、健康にいいのだろうか?逆にリスクはないんだろうか?

いろんなサウナ【乾式と湿式】

【乾式】ドライサウナ
一般的なサウナ。乾燥した室内の温度は約80度から100度です。
【湿式】スチーム・ミスト・ロウリュ
蒸気を室内に充満させる高湿度サウナです。室温は約40度から60度でと乾式に比べて低いので、暑いのが苦手な人や体力のない人向きです。
【遠赤外線サウナ】
室温は75度から90度と乾式より少し低めで、家庭用として利用されています。
【塩サウナ】
全身に塩を塗って入るサウナ。汗で溶けてきた塩で全身をマッサージすれば、美肌効果があります。
サウナは高温から低温まで自身の体調に合わせて選択した方が体に負担がありません。絶対ムリをしないように❗️

サウナの効果・効能【いいことだらけ!】

☝️体温が短時間で上がる
体温の上昇によって血流を良くして代謝を上げてくれます。その結果、
☝️自律神経が安定する

サウナ↔︎水風呂の繰り返しで交感神経と副交感神経の働きが活発に。その結果、

[改善されること]
●むくみ ●免疫力 ●肩こり ●腰痛 ●肌あれ ●冷え症 ●肥満
さまざまな効果が期待できるサウナ。自分の目的や状態に合わせてサウナの種類を使い分けましょう。
ドライサウナ→血行促進、健康
ミスト・ロウリュ→美容、リラクゼーション

利用法とマナー【気持ち良く入ろう】

1️⃣入る前に水分を十分摂っておく。
 サウナでは大量に汗をかきますので、脱水症状を起こさないためにできればスポーツドリンクで水分補給しておこう。
2️⃣体を洗う
 他の利用者へのエチケットです。さらに皮脂や汚れを落としておくと、発汗作用が上がります。
3️⃣ サウナに入る
 だいたい10分くらいが目安ですが、個人のペースでムリをしないことが重要です。
4️⃣水風呂に入る
 サウナを出たら水風呂で一気に冷やします。大量の汗をかいているので、必ずかけ湯やシャワーをして入ってください。
5️⃣休憩をする
 水風呂の後は少し休憩してリラックスしましょう。失われた分の水分補給をして下さい。
3️⃣→4️⃣→5️⃣を何度か繰り返します。
注意‼️マナーを守ろう
基本的なマナーはお風呂の時と同じで、入る前は体を洗う事と、汗はシャワーで流す事。
水風呂は潜らないなど、清潔に留意していれば問題ありません。

まとめ

サウナ人気は根強いものがあり、公衆浴場やスパはもちろん、スポーツジムにもあるほどです。
初めは暑さに我慢できないのが普通です。そのうちだんだん気持ち良さがわかってきて、ついには毎日入りたくなっちゃいます❗️自宅にサウナ室を作る人もいるほど❗️

この記事を書いた人