【マスクで急増!】知らないうちに熱中症になる危険【定義・症状・予防】

  • 読者
  • コロナが長引いて、夏になってもマスクの毎日。そのせいか頭がボーッとしたり頭痛が酷くなってるような・・。暑くてのぼせてるだけじゃないのかな?
こういった方にオススメの
本記事では下記をまとめました。
テーマ
【マスクで急増!】知らないうちに熱中症になる危険【定義・症状・予防】
熱中症なんじゃない?って言われてハッとした!

熱中症ってなに?【日射病との違いって】

子供の頃は熱中症という言葉はなくて、日射病って言ってたと思うんだけど。
最近は熱中症って言うのか、違いを調べてみた。
【日射病】

夏の炎天下で激しい運動をした為、体の水分が足りなくなる脱水症状の事。

【熱射病】

体の熱を発散できずこもってしまった為、高体温になる病気。冬でも起きる。

【熱中症】

日射病と熱射病を総称して熱中症という。
だから熱中症にはいろんな症状があるんだね☝️

どんな症状が危険?【無意識になっている事も】

熱中症にはいろんな症状があるみたい。完全に認識できる症状まで来ると
結構危険な状態なので、軽い症状で対処できるのがベスト。
【熱中症の主な症状】
知らず知らずの間に症状が進んでいて、気がついた時には重症になってる事も!
暑さを我慢する事は結構危険なので、早いうちに対処するべきです。

日頃気をつけること【意識して取り組まないと!】

【なる前にすること】
【なってしまったら?】

とにかく冷やす❗️

ただ、意識がなくなったり、けいれんを起こしていたら迷わず病院へ!

まとめ

梅雨がやたら長いけど、まもなく猛暑がやってくる。
35度なんかの猛暑日にマスクして出歩くなんて、考えただけで怖いよ。
ホントにマスクできるのかね・・・?

この記事を書いた人