【コロナで加速❓】キャッシュレス事情【現金・普及率・種類】

http://sisinobiog.com/wp-content/uploads/2020/06/food_unajyu.png
  • 読者
  • 近年やっと普及してきたキャッシュレス決済。コロナで一気に加速しましたね。ホントに得なのかな?
こういった方にオススメの
本記事では下記をまとめました。
テーマ
【コロナで加速❓】キャッシュレス事情【現金・普及率・種類】
キャッシュレス決済が勧められてるけど、得だから?楽だから?安全だから?

現金って不潔?【かなりヤバイかも】

まずは今でも使っている人が多い現金についてですが、
紙幣と硬貨では違いがあるようです。
紙幣・・・不特定多数の人が触るので細菌だらけと言っていいでしょう。
硬貨・・・5種類の硬貨がありますが、1円玉以外には銅が含まれている為それ自体で洗浄効果があり以外とキレイなんです!中でも10円玉は95%が銅の為、ほとんど雑菌はいません。
*紙幣がバイ菌だらけの理由*
結論『お金は雑菌だらけ』です。

実際の普及率は?【日本は後進国だった】

国内でのキャッシュレス決済率は、
1位:三重県  2位:静岡県  3位沖縄県
予想に反して地方都市だった!
東京など首都圏かと思った人は多いのでは?
地方都市がランキング上位なのは、大型商業施設がたくさんある事だと言われている。
各自治体の取り組みも大きく関わっているんです!

キャッシュレス決済の種類【どれが得なんだろう?】

どの世代も圧倒的にクレジットカードですね。
続いて交通系ICカードみたいです。やはり常に持ち歩いていて決済も早いからですね。
なんとかPAYは若い世代には人気ですが、中年以降にはイマイチ浸透していないようです。
PAYの人気ランキング
ポイント還元とキャンペーンのお得度で選ばれているようです!

まとめ

あと5年で40%の普及率になるかといえば・・・なります!
普及させるために色々と対策も取られるし、何より今回のような感染症を予防するために、現金を使いたくない人が増えていくのではないかと思います。

この記事を書いた人