【始まりが重要】朝食をとって元気に出発❗️【実状・効果・世界の食卓】

  • 読者
  • 朝は1秒でも長く寝ていたい!そう思う人は多いはず。ドラマみたいに朝からみんなで会話しながら食べるなんて、現実には難しくない?
こういった方にオススメ
本記事では下記をまとめました。
テーマ
【始まりが重要】朝食をとって元気に出発❗️【実状・効果・世界の食卓】
体調や体型が気になる人はぜひ読んでみてください!

【日本の朝食事情【20代〜30代に多い欠食】

子供の頃は、母親がせっせと食事を促していたおかげで何とか食べていた朝食も、20代になると食べない人がぐっと増える。生活スタイルが変化するからだと言われています。
*ちゃんとした朝食をとってない人の割合*
50代以降は健康意識が高まってくるためか、減っていく傾向です。
若年男性の朝食欠食率が年々増加しているのは、独身率が上がっているのと
関係ありかはわかりませんが、仕事が忙しくなってくる年齢であることも原因でしょう
朝食をきちんと習慣化するだけで、得られる効果は意外にも多いんです!
1️⃣1日のエネルギー源
身体は睡眠時にもエネルギーを消耗しているんです。1日の始まりにエネルギーをチャージすれば、元気に過ごせます。
2️⃣ダイエット効果がある
朝食を食べると体温が上昇して基礎代謝が上がり太りにくくなります。逆に、朝食抜きは空腹で体が栄養を蓄えてしまうので、太りやすくなります。
3️⃣お通じが良くなる
食べて胃が刺激されると腸の活動も活発になり、便秘が解消されます。
4️⃣体内時計が整う
三食を規則正しく食べる事で、体がリズムを覚えてホルモンの分泌を正常化させます。
5️⃣集中力アップにつながる
ご飯やパンなどの糖質は脳のエネルギーになるため、仕事や勉強に集中出来ます。
以上の効果をらにアップさせるために、オススメの食材代表は・・・
バナナ、ヨーグルト・ナッツ・卵・鮭・納豆です。
【朝食例】

【世界の朝の食卓【それぞれ独特の朝食文化】

日本でもシリアルやスムージーなど欧米の朝食文化がスタンダードになってきました。
ただ、世界は広い❗️いろいろな朝食がありました。
イギリス🇬🇧 卵・トースト・豆・ソーセージ・ブラックプリン
中国🇨🇳 油条(揚げパン)・豆乳
ケニア🇰🇪 マンダジというドーナツのようなもの
アメリカ🇺🇸 言わずと知れた、日本でも定番になりつつあるシリアル・グラノーラ

まとめ

朝少しだけ早く起きて、朝食食べてみましょうよ!
最初は慣れないかもですが、体の調子が良くなってくれば自然と体が欲しがるものです。
1日を元気に過ごすためにもぜひ朝食を‼️

この記事を書いた人