【都知事選目前❗️】選挙に無関心な日本人【歴史・意識・未来】

http://sisinobiog.com/wp-content/uploads/2020/06/food_unajyu.png
  • 読者
  • 夏のこの時期、選挙って多いですよね。でも投票率って毎回低いなぁって思いませんか?政治の話題で批判する人は多いのに・・・
こういった方にオススメの
本記事では下記をまとめました。
テーマ
【都知事選目前❗️】選挙に無関心な日本人【歴史・意識・未来】
行って意味があるのかどうか正直わからないでいる。

選挙の変遷【劇的に変化しました!】

1890年 第1回総選挙時の選挙権
3つ目の条件がでかなり狭まるので、有権者は人口の1%だったとか。完全に公平性を欠いてます。
1925年 3つ目の納税条件撤廃
1945年 やっと近年の20歳以上の男女になりました。
2016年 20歳以上の条件を18歳以上に引き下げ
近年の選挙戦の特徴といえば、やはり多勢のタレント議員ですね。
知名度抜群の状況で選挙戦に出てこられては、他の候補者は正直きついのでは?

投票率の低さ【若い世代は興味ない】

得票率の低さから改正された選挙権の引き下げ。実際に投票率は上がったのか?
時代背景や天候に左右される投票率。どんな時高くなり。低くなるのか?
*衆議院総選挙*
昭和時代ではだいたい70%を超えていたが、平成になって明らかに下がっています。
*参議院選挙*
こちらも平成になってからの低下が顕著ですね。
結果、投票率を上げるための18歳以上に下げた事や期日前投票の導入も
残念ながら効果なかったと言えるかな。
【若い世代が選挙に行かない理由】
自分も若い頃は興味がなかったけど、50代を超えると自分の近い未来に関わる切実なことが多いからか、ちゃんと投票しに行くようになった。
魅力ある政策、魅力あるリーダーをみんな求めているんですね。
さあ、現れるでしょうか❓

未来の選挙選【投票所はいらない?】

若者が行かない理由を逆手に取れば、行く理由になるはず❗️
ネット世代に街頭演説なんて聞いてもらえません。SNSで発信する政治家に反応してるのが事実。

このほどの大阪府知事がいい例ですよね。

セキュリティの問題はあれど、ネット投票を皆が待っているのでは?

まとめ

コロナの最中、都知事選がまもなくです!
在宅、リモートに慣れちゃったし、オンライン投票したいですよね。

この記事を書いた人