【思い出いっぱい!】みんなの給食事情【今昔・海外・人気】

  • 読者
  • 子供の頃好き嫌いの多かった私は、給食にいい思い出がありません。なのに、うちの子供達は給食が大好き!人気メニューの日は、朝から楽しみにしているみたい。最近の給食ってそんなに美味しいの?
こういった方にオススメの
本記事では下記をまとめました。
本日のテーマ
【思い出いっぱい!】みんなの給食事情【今昔・海外・人気】
子供の学校の「給食試食会」に参加したときに感じたのは、私達の時代とは大違い❗
️これは楽しみなはずだわ。

給食の今昔物語【こんなに進化してる!】

〔昭和の給食〕
米飯もあったがまずかった。揚げパンと冷凍みかんが人気だったけど、基本好き嫌いを許されなかったので、掃除が始まっても1人残され涙した記憶😢
〔平成の給食〕
最近は主食も多彩で、ごはん・パン・麺など日替わりでいろんなバリエーションがあります。
行事食も充実していて、クリスマスにはチキン、ひなまつりにはちらし寿司が出るらしい!

世界の給食【国の特徴を表している】

フランス🇫🇷
まず2時間以上というお昼時間の長さにビックリです。そのワケは、一部の生徒を除いてみんな自宅でランチを食べるからです!学校に給食もありますが、利用しているのは少数という驚き。
イギリス🇬🇧
カフェテリアで給食を食べますがお弁当の持参も可能です。給食当番はなく、ちゃんとお世話をしてくれる人がいます。デザートにケーキもあるってすごい!
ロシア🇷🇺
ロシアの給食は朝と昼の2回!朝食を食べない子供が問題となっている現代、親にとってはありがたい事だ。
朝も昼ももちろん黒パンが必須。
アメリカ🇺🇸
自由の国アメリカ、ランチも給食か持参かを選べる。たくさんの人種が暮らすアメリカでは、宗教や主義で食べる物も画一化せず自身で選択できる。
主だった国の給食をご紹介しましたが、世界から見れば日本の方が変わったシステムに感じるようです。
これらは日本独特のルールみたいです。

人気のメニュー【親子世代のランキング比較】

【昭和ランキング】 

      

【平成ランキング】
予想通りでしたね‼️
それにしてもカレーライスは世代を超えてランキング入りで、安定の人気ぶりです。

まとめ

こうやって記事を書いていくうちに、だんだん当時のことを思い出しましたね。苦しかった給食もあれば、みんなと笑いあった楽しいこともたくさんあった尊い時間だったと。
子供たちもいつか私のように、この大事なみんなとの時間を思い出すのでしょうね。

この記事を書いた人