【まもなく秋到来】さて、さんまは食べられる?【不漁・まつり・おススメ】

  • 読者
  • まだまだ猛暑が続いているけど、秋は目の前だ!味覚の秋は美味しいものばかりだけど、やっぱりまずはさんまを食べなきゃ始まらない。
こういった方にオススメの
本記事では下記をまとめました。
テーマ
【まもなく秋到来】さて、さんまは食べられる?【不漁・まつり・おススメ】
なんか最近はさんまが獲れないらしいよ。去年もダメだったしね・・・

なぜ不漁続きなのか【昨年を更に下回る】

8月10日今秋のさんま漁が解禁されました。でも近年は不漁続きで、昨年は前年の3割しかない
水揚げ量で過去最低でした。今年も更に下回ると予測されていて、記録的不漁の可能性大です。
どうしてこんなにも獲れなくなってしなったのか?
☝️ 気候変動による海水温の異常
☝️ 日本ならびに周辺国の乱獲
これらは可能性であって、確固たる理由ではありません。
たぶん一番真実に近いであろうという説は・・・
☝️日本に来遊するさんまの減少
これがきっと一番可能性が高い原因ではないかと思います。
さんまは日本近海に住んでいる魚ではなく、太平洋のど真ん中に生息しています。
その一部の日本近海に来遊するさんまが、なんらかの原因でルートを変えたのでしょう。

恒例のさんま祭りは?【昨年は冷凍さんま!】

さんま祭りといえば目黒が有名ですが、全国のいろんな所で毎年秋の味覚を
楽しむさんま祭りが開催されています!
🐟目黒のさんま祭り(約3万尾)
友好都市の気仙沼から直送の新鮮なさんまに大分産のカボスを添えて配布。
🐟三陸・大船渡東京タワーさんままつり(3,333尾)
秋分の日の名物イベント。大船渡産の新鮮なさんまを無料配布。
🐟気仙沼さんま祭りin山形(2011尾)
東北の復興を願って2011尾の気仙沼産さんまを楽しむお祭り
⚠️今年はコロナですべて中止になりました😭
ホントに残念ですが、多くの人手が予想されるイベントなので仕方ないです。
*ちなみにさんまの不漁のため、昨年の目黒のさんま祭りでは冷凍のさんまが使われました。

美味しい食べ方【やっぱり王道!】

完全に個人的見解です!さんまも喜ぶ味わい方☝️
😋さんまのにぎり寿司
新鮮ならではの贅沢な食べ方です。生姜とネギを乗せて今だけを味わおう!
😋さんまの塩焼き
当然次はコレ!素材が素晴らしいならシンプルが一番美味しいに決まってる!
😋さんまの蒲焼き
3枚におろしたさんまを甘辛たれにからめて焼きます。お酒にもご飯にも👍
😋さんまの竜田揚げ
骨ごと食べられるように低温でじっくり揚げるのがコツ。冷凍さんまでも美味しい!

まとめ

今年も記録的な不漁が予測されていてホントに残念なんですが、
やっぱりさんまを食べないと秋って感じがしないんですよね。
日本人にはそれほど浸透している秋の味覚の王者です!

この記事を書いた人