【暮らしを楽しく】やっぱりペットは癒しだね【比率・ランキング・癒し】

  • 読者
  • ペットといえば、ワンコやニャンコだよね。でもそれ以外にも色んな動物をペットとして飼っている人がいるけど、室内じゃ限られてるんじゃないかな?
こういった方にオススメの
本記事では下記をまとめました。
テーマ
【暮らしを楽しく】やっぱりペットは癒しだね【比率・ランキング・癒し】
金魚や亀くらいは飼育したけど、ペットと違うような・・・

ペットを飼っている比率【なぜか減少傾向】

街を歩いてると、ワンコの散歩は本当に多い。寒い日も暑い日も元気にトコトコ🐕
近年のペット市場は結構すごいっていうけど、どれくらいの人が飼っているのでしょうか?
ペットブームは下火なのか、予想に反して意外と少なかったです。
しかも年々減っていってるとは完全に予想外でした!
ペットの代表格、犬の飼育頭数が大幅に減少しているようです。
【犬を飼う人が減った理由】

人気のペットは?【子供に選択権が】

犬や猫が人気なのはわかっていますが、その他にどんなペットが人気なんでしょうか?
*珍しいけど人気のペット*
カメレオン:変色動物で、色が変わる面白さと独特の表情がたまらないのと、意外に安価。
ミニブタ:
人懐っこくて可愛い顔で、人気が上がってきています。予想外に体臭はありませんが、よく食べるので油断すると大きくなってしまいます。

ペットがもたらす癒し【介護の現場で活躍】

ペットと触れ合う事で発生する脳内ホルモンにはリラックス効果があるといいます。
☘幸せホルモン-オキシトシン
疲れやストレスを癒し、多幸感を与えてくれる働きがあります。
ペットとの触れ合い(特に犬)でも多く分泌されることが分かっています。
☘安心ホルモン-セロトニン
イライラやストレス、疲労感を軽減する作用を持ち、主に安定や安心感を与えてくれます。
触れ合いのほか日光を浴びることでも分泌されるので、散歩でも生成されます。
☘ 恋愛ホルモン-フェニルエチルアミン
脳の働きを鈍化させ、溜まったストレスを軽減できる。
ペットを可愛がる事で大量に分泌されます。
🐕アニマルセラピー🐈
日本の医療現場でも広く採用されている治療法で、学校や介護施設、
障がい者支援施設などにも導入されています。
ペットと触れ合う事で、会話や笑顔が増えて症状が改善傾向になる事が証明されています。

まとめ

今やペットは大切な家族の一員なんですね。
そういえば家の裏口の犬小屋で吠えてる犬を見かけなくなりました。
当たり前か。家族を外で寝かせる訳にいかないからね〜😅

この記事を書いた人