【早起きは三文の徳】三文どころじゃないスゴイ事【有名人・メリット・方法】

  • 読者
  • 昔からから〝早起きは三文の徳〟って言うけど、何がそんなにいいのか全然わからない。でも夜更かし朝寝坊グセが抜けないせいで、遅刻することもしばしば。朝型人間になれるもんならなりたいよ〜。
こういった方にオススメの
本記事では下記をまとめました。
テーマ
【早起きは三文の徳】三文どころじゃないスゴイ事【有名人・メリット・方法】
今からでも遅くない。朝型人間になろう!
前提知識:早起きはスゴイ
睡眠時間は同じでも、朝型人間と夜型人間がいます。仕事の効率や健康面からも朝型にシフトすることをお勧めします。

早起きな有名人たち

世界的に有名な実業家や成功者には早起き人間が多い
あげたらキリがないほど成功者には朝型が多い!
彼らが総じて早起きなのには何か理由があるに違いない。

早起きで生まれる三文以上の徳って?

①朝食をゆっくりとれる
朝食をとることで腸の動きが活発になり、便秘解消や整腸に効果があります。
② 朝のの時間に余裕ができる
学校や職場に向かう前に、しっかりとした準備ができるため効率が上がります。
③通勤・通学ラッシュを避けられる
渋滞や満員電車はストレスがたまり、1日に始まりからイライラしてしまいがち。空いてる電車ならゆっくりと本を読むのも可能です。
④仕事の開始から脳が冴える
仕事が始まる前に脳の準備運動が終わっっているため、いきなりパフォーマンスが上がり効率的です。
⑤自律神経が安定する
朝日を浴びることで夜は自然と眠くなり、自律神経を整えることができます。その結果内臓や体全体の機能も整います。
⑥睡眠の質が上がる
自律神経のリズムが良くなると、ぐっすり眠れるようになり身体や神経の疲れがとれます。
太りにくくなる
腸の働きが活発になると体温が上昇して、基礎代謝が上がります。カロリー消費量が多くなるため、痩せやすい体質になるのです。
まだまだあると思いますが、代表的なメリットをご紹介してみました。
なんか早起きに挑戦してみたくなりませんか?

簡単に早起きするコツとは

☑️1.5時間の倍数で睡眠をとる
眠りの浅いレム睡眠時に起きるとスッキリ目覚められるのです。レム睡眠は1.5時間周期になっているため、睡眠時間を1.5の倍数に設定するといいでしょう。
☑️休日も同じ時間に起きる
寝だめなど睡眠のリズムを変えると、結果的に睡眠の質を落としてしまい、せっかくの早起きの成果がなくなってしないます。
☑️カフェイン摂取に注意する
カフェインは摂取すると長時間体内に残るため、18時以降は摂取しないことをおすすめします
寝る前はノンカフェインの飲み物でリラックスするのがベストです。
オススメドリンク:麦茶・そば茶・ハーブティー・ルイボスティーなど
☑️疲れるくらいの運動をする。
昼間のうちに程よく疲労感が残るような運動をすると、眠りに入りやすくなります。

まとめ

一度習慣にしてしまえば、早起きほど爽快で気持ちいいものはありません!1日を充実したものに出来るはずです。ぜひチャレンジしてみてください!

この記事を書いた人