【鶴は千年亀は万年】寿命が伸びても問題ありあり【最年長・男女差・問題点】

  • 読者
  • とにかく日本といえば長寿国家のイメージが強いですね。もう100歳なんて珍しくないくらいみなさんお元気です!それって言い方を変えれば、高齢化社会って事だね💧
こういった方にオススメの
本記事では下記をまとめました。
テーマ
【鶴は千年亀は万年】寿命が伸びても問題ありあり【最年長・男女差・問題点】

長寿国No. 1の日本

常に世界のトップクラスの長寿国の日本。現在のところ世界最高齢はやはり日本人❗️
福岡県の田中カ子さん、なんと117歳‼️
もう亡くなっているが、歴代の男性世界最高齢も日本人です。

【世界平均寿命ランキング】

*日本には100歳以上の高齢者は、なんと7万1274人(2019年)もいる。
100歳以上の人口は49年連続で増加していて、その9割近くが女性なんです。
*日本の100歳以上の高齢者は、実は都市部には少なくて田舎に多い。
地方でも寒い地域には少なく、温暖なところに多くいるのです。
寿命の男女差
100歳以上の高齢者では、女性の比率が日本で88%世界でも81%と圧倒的に高い。
最新の平均寿命も女性87.45歳、男性81.41歳と差は歴然です!
このままの伸び率でいくと、昨年生まれた女性の51%が90歳まで生きるという😅
なぜこんなにも男女差があるのでしょうか?
🚺女性ホルモン
エストロゲンには血圧を下げたり、悪玉コレステロールの血中濃度を下げる
働きがあるため、女性には心疾患が少ない

🚺基礎代謝が少ない
男性より基礎代謝が低く少ないエネルギーで生きていけるので、環境の変化に適応しやすい。
🚺健康に気をつかう
バランスよく食事をしたり、喫煙やアルコール摂取も少ないことで寿命が長くなっている。
🚺衝動的な行動が少ない
男性ホルモンのテストステロンは衝動を促す作用があり、男性は不慮の事故が多い。
女性は思慮深く注意深いので、交通事故が圧倒的に少ない。

長寿ゆえの問題点

長生きは本当にすばらしいし、お祝いすべき事なのです。
・・・が、喜んでばかりもいられません。リスクも少なからずあるんです。
『2025年問題』
日本一番人口の多い団塊の世代が後期高齢者(75歳)に達する際の問題。
▼医療費の増大
年々増えていく医療費、反対に減っていく医療従事者。
5年後の医療費は今より12兆円以上増える見通しです。
▼年金減額と支給後ろ倒し
これも増え続ける高齢者をカバーしていくのが困難になるからです。
▼介護人材不足
今でも不足していますので、更に深刻化するでしょう。家族も負担しきれず老老介護も増えるでしょう。
*医学が進歩して数々の病気が治るようになった事の弊害として、身体の健康に脳の健康がついていけないアンバランスが問題となっています。認知症はこの先も増えるのでしょうか。

まとめ

長寿が本当の意味で尊い事だと思え、そしてみんなでお祝いできるような
そういう社会が来るために何をすればいいのか。残念ながらまだわからないところにいます。

この記事を書いた人